福岡、北九州でのiPhone修理(画面割れやバッテリー交換など)なら、iPhone修理遠賀水巻店にお任せください!

iPhone修理 遠賀・水巻店

修理ブログ

iPhone6水没修理

投稿日:

もうすぐ本格的な夏がやってきます。🌴🏄海や川、山などアウトドアのレジャーに行く機会が増えてくると、iPhoneの修理依頼で多くなるのが「水没修理」。日常でも、トイレやお風呂に落とすといったことは有りますが、それに加えて水辺で遊ぶからでしょうか。🌞😎🚣
そこで、今回は、北九州市八幡西区医生ヶ丘から、iPhone6の修理依頼でご来店の九州共立大学の学生さんを例に、万が一iPhoneを水没させた時の適切な対応策をアドバイスします。

一昨日トイレに落としたというiPhone6は、すくい上げて周りを拭くと、普通に電源が入ったため、そのまましばらく使っていたら、急に電源が落ちた状態になったそうです。😨💦

ここでの対処の間違いは、水没後、すぐに電源を切らなかったことです。復旧率からすると、水没直後に電源を切って、出来るだけ早く修理に出す方が、復旧率は高いという修理実績があります。
使えるからと言って、2、3日そのままにしていると、内部では静かにサビが進行して、ついにはダウンということが少なくありません。😥

まず、iPhoneが水没してしまったら
①素早くすくい上げて、周りの水分を拭きあげる。
②水切りをするようにiPhoneを振らない。(侵入した水を全体に拡げてしまいます)
③ドライヤーなどで温風をあてない。(中に温風入りません)
④充電ケーブルを挿さない(水に電気は危険です。☠️ショートする恐れがあります)⚡️⚡️⚡️

以上のことを頭の片隅にしまっておいてください。いざという時に役に立つかもしれません。

P.S  修理の結果、このiPhone6は、データが残ったまま無事に復旧できました。

 

 

 

 

 

-修理ブログ

Copyright© iPhone修理 遠賀・水巻店 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.